駐車場に関する情報が満載!





低リスクな駐車場経営

駐車場経営には、ほとんど初期投資が必要ありませんので、不動産運用の初心者でも低いリスクで始められます。
多額の借り入れをして、賃貸マンションを建てることもいいですが、その分、ハイリスクだといえます。
ただ、駐車場経営はリスクが低い分、収入も低いというデメリットもあります。
しかし、少しの工夫でその賃料を上げることができるので、一概に低収入とも言えません。
具体的には、まず、敷地ないを綺麗に保つ事です。
例えば、雑草がかなり生い茂っている場所であれば、借りる側も賃料が安いと勝手に認識してしまうでしょう。
だから、常に綺麗な状態に保つ事を心がけ、多少の費用はかかりますが、アスファルト舗装までしてしまえば、更に賃料をアップできるといえます。
また、防犯面での対策も重要です。
全く電灯のないところですと、暗すぎるため防犯面でも問題があり、また、女性の利用者が安心できません。
こういった場合は、LEDなど消費電力の少ない電灯をつけると、高級感もあり賃料アップを期待できます。

駐車場の経営に必要な税金の基礎知識

更地を持っている人は、その土地を有効活用しないと固定資産税がかかって収入がない状態になりますので、早く有効活用したいと考えるのが一般的です。
賃貸アパートを建てる選択肢もありますが、資金調達が必要になるためリスクが大きくなります。
そこで手軽にできる有効活用として駐車場を経営することが注目されるのです。
所得税に関しては、月極め駐車場からの所得は不動産所得になりますが、コインパーキングの場合は土地を貸すだけでなく預りサービスの提供になるため事業所得に該当します。
また、消費税に関しては、前々年の課税売上高が1千万円以下であれば免税事業者となるため考慮する必要はありませんが、それを超える場合には課税事業者となって消費税の納税計算が必要です。
消費税法では土地の貸付けは非課税となっていますので、駐車場経営は非課税売上げと考えがちですが、ロープで場所を区切ったり車止めを設置するだけで単なる土地の貸付けでなくなってしまい課税売上になるという点は理解しておくと役に立つでしょう。

Last update:2015/6/15

『駐車場 経営』 最新ツイート

COPYRIGHT(C) ぱーきんぐ! ALL RIGHT RESERVED